Top Menu Mountain Ski
Snowboard
Snowarea Camping Others Golf
■日帰り・単独・行動時間計(5h34min)
鶴峠09:19→10:52三頭山(西峰)11:02→11:30鞘口峠→11:45栂ノ尾→12:11浅間尾根駐車場(オンバコ平)12:21→12:27御林山→12:31仲の平分岐→12:39数馬峠(藤原峠)→12:50数馬分 岐→13:03一本松→13:14石宮ノ頭→13:35浅間嶺展望台→13:56そば処 みちこ14:29→14:39時坂峠→14:51払沢の滝駐車場→14:53払沢の滝バス停
四ッ谷6:39→高尾7:31 中央特快
高尾7:46→上野原8:08 普通河口湖行き
上野原8:08→鶴峠9:12 飯尾行き(鶴峠まで運転延長)
※上野原8:08発バスは、中央線8:08着の接続待ち後に出発
※上野原8:08発バスは、飯尾行きだが鶴峠まで延長運転。

■はじめに
 丹沢主脈を歩く予定でしたが、朝起きたところ、前日の飲酒の疲れがのこっており、再び1時間ほど睡眠。急遽、鶴峠から浅間嶺のルートに変更しました。

■バス
 上野原駅のバス。8:08発は飯尾行きですが、鶴峠まで延長運転とのこと。とても助かりました。途中、権現山や笹尾根に何人か向かい、鶴峠では十数人が下車。ほとんどの方が奈 良倉山に向かいました。三頭山は2人です。

■三頭山
 登りやすい道が続きます。次第に色づいた葉も多くなり、とても気持ちよく歩けました。展望こそありませんが、とても静かな良いルートだと思います。
 山頂はそれなりに人がいました。富士山もどどーんと見えました。
 鞘口峠経由で風張峠方面に向かいますが、行列をなすように登ってきます。たくさんの方とすれちがいました。鞘口峠から先は再び静かな山歩きとなりました。
 なお、鶴峠から浅間尾根駐車場までは全区間歩きです。

■浅間尾根
 ここから走りです。浅間尾根は、アップダウンが緩やかで、人もほとんどおらず、とても走りやすい尾根だと思いました。ただ、丹沢主脈に行く予定でザックを組んでいたので、 やや重いのと、固定が不十分でとても走りにくかったです。これは失敗でしたね。
 途中のそば処「みちこ」でそばを頂きました。以前に旅番組でも見ていたので、来られてよかったです。

■ミッシングリンク
 天気がよいと山歩きは楽しいですね。
 なお、これで鶴峠と三頭山の赤線がつながりましたので、柳沢峠・三つ峠と、寄居・高尾がつながりました。 

子供の頃から、ずっとこの車両でしたが、いつまで乗れるでしょうか。 バスは、8:30発の松姫行きに乗る予定ですが、なんと、8:08発の飯尾行きが鶴峠まで延長運転! 20分ほど早く着くこと ができ、ラッキーでした。 鶴峠で降りたのは10数人。ほとんどの方は奈良倉山へ。三頭山へは自分も含めて2人のみ。
ちょっと登ると紅葉の世界へ。派手さはありませんが。
鶴峠から三頭山への道。展望こそありませんが、静かで、きれいな道だと思います。奈良倉よりこちらの方が良いと思う のだけど。
赤いのと青空。
紅葉
紅葉。山頂も近い。
山頂。たくさん人がいる! さすが人気の山ですね。
富士山がみごとです。日の差し方がグッドタイミングで、コントラストがベストの状況でした。
富士山、アップで。三頭山からの富士山、こんなに良いとは思いませんでした。 山頂。このあとたくさんのかたとすれ違ったので、混雑必至でしょう。
ダケカンバだよね。
大岳山もみえます。
行列をなすように登ってこられるので、なかなか進めませんが、紅葉をみながらですので、問題ありません。
レモン入れローの葉も。
これはいい。
あか。
このあたりはこれからですかね。
雲取かな。
風張のちょっと手前から分岐します。ここから浅間尾根駐車場までは点線区間です。ちょっと崩れているところも。全体 的に路肩が柔らかかったりですので、注意が必要です。
周遊道路にでました。
バイクが多い。
浅間尾根Pに到着。ここで少々休憩。ここまでは歩きですが、このあと浅間尾根を走ります。 緑が優勢。とても走りやすい道ですが、ザックが通常のもの(35L)で来てしまったのは失敗でした。走ると動いて走りに くい。
これから向かう方向でしょうか?
浅間嶺の展望所から大岳山。
浅間嶺の展望所。
そば処、みちこ。
おなかがすいたので寄り道します。
民家です。
こたつあり。ストーブもついていました。汗だくで入ったので.... つい先ほどまでは注文してから1時間待ちだったそうですが、この時間は空いており、すぐそばが出ました。
二八そばは売り切れ。石臼引きそばと天ぷら。天ぷらは山野草。おいしくいただきました。水も塩も不足していたので、 そば湯も含めて完食!
バス停までラストスパート。
(時刻表のメモを自宅に忘れ)バスは2分前に行ったばかり。おからを頂いたり、ドーナツ買ったりして30分待ちました。
五日市からは、ちょうどホリデー快速。乗り換えなしで早く帰れるのでほんと、ありがたい。

本文中の山の名前・花の名前は十分な特定ができず、勘違い、間違いなどがある場合があります。


Top Menu Mountain Ski
Snowboard
Snowarea Camping Others Golf
●標高1531m・日本300名山・山梨百名山
■日帰り・ファミリー計2名
▲都民の森駐車場 7:38→三頭大滝 7:57→ムシカリ峠 8:50→三頭山頂 9:04 (1h26m)
  [Vertical Rise:539m, Vertical Speed:376m/h]
▼三頭山頂 9:34→鞘口峠 10:24→駐車場 10:44 (1h10m)
  [Vertical Drop:539m, Vertical Speed:-462m/h]

7時過ぎに到着したが、都民の森は8時からであり、駐車場のゲートは閉じられている。3台ほど開門待ちの列。それでも8時前に、ゲートが開き、駐車場に入ることができた。お役所だがお役所仕事でないところが素晴らしい。
三頭大滝からムシカリ峠経由で山頂に向かう。三頭大滝まではウッドチップの快適な遊歩道。滝もなかなか。ここから山道らしくなり、谷の中の道をのぼっていく。ムシカリ峠までくると、山頂はもうすぐ。山頂につくと、富士山が正面。けっこう感動。朝イチのため頂上はすいている。富士山を見ながら、カップ麺で朝食。コーヒーも入れて一服。
山頂からは鞘口峠経由で下山。途中、すごくたくさんの登山者とすれ違う。とても人気のある山のようだ。でも、山頂はそんな広くないし、どうなることやら。まあ、それでも、ブナの新緑がきれいな時期で、楽しいハイキングができた。帰りは、といっても未だお昼前だが、温泉センター数馬の湯に入る。
都民の森・駐車場
森林館
ウッドチップ歩道
三頭大滝
三頭大滝
新緑がきれい
ムシカリ峠
ムシカリ峠
山頂
山頂から富士山
コーヒー&カップ麺
山頂
新緑と青空とヒコーキ雲

 

 


地図はカシミール3Dを使用して作成しています。なお、この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用しています(承認番号 平22業使第87号)。また、山の名前・花の名前は勘違いなどで間違っている場合があります。