Top Menu Mountain Ski
Snowboard
Snowarea Camping Others Golf

◆苗場プリンス・稲包山・四万温泉・群馬原町 2016

■日帰り・単独・行動時間計(6時間59分)
苗場プリンスホテル09:09→09:55三国スキー場跡→10:40三坂峠→10:53西稲包山→11:04小稲包→11:23稲包山11:38→13:53四万温泉バス停→14:37駒岩バス停→16:08岩櫃城温泉(群馬原町)
■はじめに
 紅葉の時期の稲包山を考えていましたが先週は行けませんでした。今週だと稜線付近の紅葉のピークは過ぎていそうですが、山麓や中腹の紅葉ならみられるだろうということで決行します。
 ルートは、苗場プリンスホテルから三坂峠、稲包山を経由し、四万温泉に下山。ゴールは群馬原町駅近くの岩櫃城温泉とします。

■苗場プリンスから三坂峠
 新幹線から稲包山付近の山々が見えましたが、快晴でした。期待が大きく高まります。しかし、トンネルと抜けると青空もあるけれど谷川主脈方面は曇りベース。やや不安になります。
 苗場に到着すると、周辺の紅葉がきれいです。紅葉前線もだいぶ標高を下げたようです。しかし、驚いたのは、標高の高いところは霧氷になっているということでした。苗場スキー場も大斜面ゲレンデ付近は霧氷のようです。
 しばらくは国道歩き(交通量はほとんどありません)ですが、この区間の紅葉が見ごろでした。登山道に入ると、泥濘なところ、土が滑りやすい急斜面などがありました。

■三坂峠から稲包山
 三坂峠に到着すると、霧氷の山がよく見えるようになりました。しかし、歩きながら見ていましたが、時間とともに小さくなっていくのがわかり、結構焦りました。休憩せずに、急いで稲包山に向かいます。三坂峠から先の稜線は、展望もあり、とても雰囲気の良いルートです。白砂山への道を整備しているとのことですので、開通したらぜひ白砂方面にも行ってみようと思いました。
 西稲包山にくると、みごとな霧氷の山(小稲包山)が見えました。紅葉は終わっていますが、白い花のようでとても美しい感じでした。
 小稲包付近から先は写真タイムです。いろんな山をバックに霧氷の写真をとりまくりました。紅葉と霧氷の両方がみられるとはラッキーです。

■四万温泉へ
 稲包山は数名の登山者がいてそれなりの賑わいでした。山頂は風も強くて寒く、パンを食べてから早々に下山することとします。
 少し標高を落とすと、風も弱まり平和な世界になりました。さらに下ると紅葉ゾーンに突入。展望はないルートですが、紅葉の時期だと良いですね。次第に緑色が優勢になってくるころに下山口となりました。
 奥四万湖付近も少し色づいた木もあり、湖の色もコバルトブルーでなかなかの美しさでした。舗装路ですが、全く飽きません。
 やがて温泉街に到着。歴史的な建物もあり、温泉街の雰囲気を楽しみます。公衆トイレや、共同浴場、足湯もあります。

■おわりに
 四万温泉でバスに乗って帰るのが王道でしょうが、赤線繋ぎを兼ねていますので、岩櫃城温泉まで下ります。
 山や川の景色は良いのですが、やはりこの長さだと飽きてしまいます。

群馬側は快晴でしたが、トンネルを抜けると雲が多い天気。 南越交通バスで苗場プリンスバス停。 苗場プリンス。しかし、出発時刻は9時過ぎてる....。
苗場スキー場。上部は霧氷!
早速、色づいた葉。
赤いのも。
しばらく、国道歩きです。交通量はほとんどありません。
ちょうど紅葉のピークでしょうか。
うつくし。
三国スキー場跡。国境の尾根は曇りモード。
ちょうちん岩?
ここから車両通行止め。
カラマツが主体となりました。
白砂山の方でしょうか。県境の道が開通したら歩いてみたいものです。 三坂峠から。霧氷の山が見えます。さっき見えたより霧氷が減っている。やばい、急げ!
紅葉はちょっと名残り。
振り返って撮影。
とても素晴らしい稜線です。
霧氷が落下した跡。
西稲包山の先から小稲包山を撮影。なんとか間に合った。素晴らしい。
霧氷の奥には、
苗場スキー場のある筍山。
霧氷と白砂山方面。
平標山方面。
新潟側は冬、群馬側は秋。
あれが稲包山でしょうか。
平標山方面。
群馬方面。
四万温泉がちょっと見えます。
新潟方面。
苗場スキー場が見えます。
谷川主脈が見えた!
仙ノ倉山。
紅葉は終わってますが、
霧氷が白い花のよう。
上州武尊でしょうか。
谷川主脈方面をアップ
谷川主脈、平標から三国山への稜線、三国から稲包までの稜線。
振り返って西稲包山
白砂山方面
稲包山の山頂。霧氷の峰となってます。
キラキラして美しい
霧氷と白砂山。素晴らしい構図。
素晴らしすぎて、歩みがとまります。
霧氷のアップ
苗場スキー場方面
赤城山の方かなぁ? 手前のぽっこり山は、ノルン水上のあずまやさん?
山頂に到着。風もあって寒い。
群馬側の山は色づいている感じ。
手前正面は三国山。後ろは谷川の山々。
下山しますか。
寒かったのが、のどかな感じになった。
紅葉もちらほら。
展望はありませんが、
色づいた木々は多い。
赤いのは目立ちます。
木々の間から奥四万湖が見えます。
このあたり標高の紅葉がみごと。
いや、すごい。
いいね。
このあたりは色づき始め。
黄緑色ですが、これも美しい。
とんがり山が稲包山
ときどき色づいた葉。
登山口までおりました。苗プリから4時間。
登山口付近。すげー色!
奥四万湖
紅葉はこれからです
展望台付近
中央奥に稲包山
いい赤です。
四万川ダム
コバルトブルーの奥四万湖。
中央奥に稲包山
堤体の上を歩きます
堤体の下
歩いてきた尾根かなぁ。
色づいた岩があった。
重力ダムですね。
温泉街までおりてきました。
温泉街
いい雰囲気
いい雰囲気
共同浴場。まだ先が長いのでがまん。
味のあるバス停
途中で、甌穴
ゴール。岩櫃温泉。
入浴後に群馬原町駅に到着。
高崎駅まで吾妻線。この車両もいつまで乗れるのでしょうか。

本文中の山の名前・花の名前は十分な特定ができず、勘違い、間違いなどがある場合があります。