Top Menu Mountain Ski
Snowboard
Snowarea Camping Others Golf

あたみ桜・十国峠・湯河原梅林・幕山 2019
■日帰り・行動時間計(7時間55分)
熱海駅08:51→10:02来宮駅→110:09来宮神社10:12→110:25明水神社→110:47石仏の道登り口10:48→111:25笹の広場→111:29湯河原分岐点→111:34日金山東光寺→11:46十国峠11:59→12:08日金山東光寺→12:14笹の広場→12:30岩戸山→12:51泉越峠→13:00七尾峠→13:10ウルシガ窪第一配水池→13:32湯河原温泉入口三差路→14:03湯河原駅→14:23幕山登山口14:251→5:27幕山→15:34自鑑水分岐→15:50大石ヶ平→15:56吉浜財産区記念碑→16:03幕山登山口→16:46湯河原駅
■桜と梅
 散り始めの「あたみ桜」と3分咲きとなった「梅」を見に、熱海・湯河原です。
 ルートは、熱海の糸川であたみ桜、熱海梅園ののち、石仏の道を通って十国峠へ。岩戸山を経由して湯河原梅林、幕山、南郷山を経て真鶴駅という計画です。腰の状態がよくなく、状況によってエスケープも考えます。

■あたみ桜
 散り始めとの情報のあった、あたみ桜ですが、まだまだ見ごろ。ボリュームのあるピンク色は春を感じさせます。糸川沿いの桜、本数は多くなく、木も大きくないですが、この時期の桜は貴重です。
 一方で、岩戸山の方向をみると稜線が白くなっています。霧氷のようですが、山は標高が低くとも、まだまだ冬のようです。

■熱海梅林
 咲いている梅もありますが、全体としては、まだ寂しい感じでした。それでも訪れている観光客は多く、皆さん、春を待ちわびているようでした。
 来宮神社も、多数の観光客。ちょっとしたカフェのような感じで、とてもお洒落な神社でした。しかし、この時点で、午前10時。この先の行程が心配になりました。

■石仏のみち・十国峠
 石仏のみちで十国峠に向かいます。防火帯のような草付きの道を登ります。ふりかえると海。大島や初島も望め、とても素晴らしい道でした。このルート、登りで使いましたが、下りの方が楽しめそうです。
 十国峠からは富士山は見えず。残念でしたが、駿河湾や沼津アルプスなど、久しぶりに中伊豆の山々がみられました。また、ガイドらしき方が、神津島、三宅島、八丈島など、説明されていました。三宅島まで見られるのはそうそうないらしく、海上の気温が低かったからかなぁと思いました。雲が多めだったのは残念です。

■岩戸山・湯河原
 岩戸山に向かいますが、トラバース気味の快適なルート。岩戸山でも展望があり、ベンチもありました。他のパーティがいたので退散しますが、なかなかいい場所だと思います。
 湯河原へは、土の道、舗装路、土の道、舗装路と交互にでてきて、最後は一気に標高を下げます。
 湯河原では、魚仁さんで、昼食。ランチ価格で海鮮丼が980円。小鉢やサラダもついてお得なランチでした。また寄ってみたいと思います。
 さて、この時点で、かなり時間が押していて、南郷山〜真鶴駅は中止。また、幕山公園にも駅からバスで行くことにします。

■幕山公園
 梅が3分咲きとのことですが、曇天だったこともあり、かなり寂しい感じ。咲いている株もありますが、見ごろはまだです。3連休だけあって、お客さんは多かったですが。
 せっかくなので、幕山までひと登り。幕山は梅見には何度も来ていますが、これまで未踏だったので、登れてよかったです。関東百が一つカウントアップです。そして、湯河原駅まで戻って本日の山行きは終了です。

■おわりに
 スタート時間が遅いうえに、糸川の桜や熱海梅林でゆっくりしたため時間がおしてしまいました。しかも、がっつり走れる状態でなく、所要時間もかさんで、湯河原到着が遅くなってしまいました。南郷山は行けませんでしたが、次回というか来年以降、真鶴半島散策も含めて再チャレンジしたいと思います。
小田急はVSE
熱海駅からスタート
糸川に到着
あたみ桜
あたみ桜
あたみ桜
あたみ桜
熱海の海岸
岩戸山方面 雪で白い!
あたみ桜
熱海梅林に到着
熱海梅林
熱海梅林
熱海梅林
熱海梅林
あたみ桜
来宮神社 とてもお洒落
来宮神社の大楠
石仏の道ルート
石仏の道に入ります
石仏の道 大島と初島
石仏の道
石仏の道
石仏の道 素晴らしい展望!
雪が出てきた
雪の道
日金山東光寺
日金山東光寺
十国峠
十国峠から玄岳 天城は雲の中
沼津アルプスと相模湾
霧氷! になっている
奥に真鶴半島と、
これから向かう岩戸山 
箱根方面 雲のなか
三角形の利島、右に新島、
大室山の右に神津島。
利島の左にかすかに三宅島
石仏
岩戸山山頂
岩戸山山頂
真鶴半島 三ッ石
湯河原の町が近づきました
昼食は湯河原 魚仁
海鮮丼ランチ なんと980円
時間が押していたので、バスで幕山
幕山
梅林 見ごろはまだですね
湯河原梅林
湯河原梅林
湯河原梅林
湯河原梅林
幕山に登ります
真鶴半島
幕山山頂
湯河原梅林に戻りました
ゴールは湯河原駅

本文中の山の名前・花の名前は十分な特定ができず、勘違い、間違いなどがある場合があります。


Top Menu Mountain Ski
Snowboard
Snowarea Camping Others Golf

◆玄岳・丹那断層・韮山城・反射炉 2018

■日帰り・単独・行動時間計(7時間46分)
熱海駅07:14→07:53玄岳ハイクコース入口バス停→08:52玄岳09:05→09:22氷ヶ池09:34→10:07丹那断層公園10:16→11:36韮山・江川邸11:43→11:50韮山城12:00→12:40韮山・反射炉12:50→13:38湯〜とぴあ(函南)14:44→15:00伊豆仁田駅
■18きっぷで
 年が明け、18きっぷの山歩きの再開です。熱海から玄岳に登り、韮山方面に下山することとします。韮山では、江川邸、韮山城、反射炉、蛭が小島と観光地をめぐり、その後、函南町の「湯〜トピア」をゴールとしました。

■玄岳・氷ヶ池
 玄岳の展望は素晴らしいです。富士山はもちろんですが、沼津アルプスの全景がよくわかり、三島・沼津の市街地や駿河湾のカーブも美しいものでした。
 氷ヶ池も雰囲気のある池で、玄岳まで来たら必ず立ち寄りたい場所です。休憩にも向いています。
 なお、玄岳周辺は笹がヤブとの情報がありましたが、中伊豆側は刈り払いが最近行われたようです。熱海側は刈られておらず、道は明瞭なものの、うるさい感じです。朝露がある時期だと濡れる可能性が高いと思います。
 また、玄岳から氷ヶ池に下る道は急降下で、刈り払われた笹のためにより滑りやすくなっています。お助けロープがありますが、注意が必要です(2回尻餅をつきました)。

■韮山
 韮山はかつて祖母が住んでおり、このエリアは網の目状に歩いています。当然、いずれの観光地も訪問済みですが、以前は観光スポットでも何でもなく、人の来ない寂れた場所でした。世界遺産の指定とは、これほど影響力のあるものかと思いました。
 反射炉から江川邸に戻るルートは、巡回バスに乗車しています。(上記の距離グラフはバスも含んでおり、実際に歩いた距離は約34kmと思います。)

■湯〜トピア(函南町)
 とてもきれいで快適な施設です。ゆっくり休憩できました。
 この施設をゴールにした山プランを再び考えようかと思います。

東海道線・車内から。根府川付近。
熱海駅からスタート
振り返ると、だいぶ登ってきました。
ここから指導標あり。
絵付きの指導標
よく整備された道
笹がややうるさいが、道は明瞭
振り返るとすばらしい展望
あれが山頂か?
振り返ると左端に箱根山
山頂に到着。絶景に驚き!
沼津アルプスも全貌がわかる。
山頂標を入れて、富士と箱根。
左端の後方は大山かな?
真鶴半島
網代湾
愛鷹〜富士〜箱根。
ほんとすごい!
愛鷹山と富士山
中伊豆側は笹が刈り払いされている。
伊豆スカイラインの展望所
絶景のトレイル
氷ヶ池。美しい!
氷ヶ池。休憩適地。
逆さ富士?
氷ヶ池。いいところでした。
別荘の数がとてつもなく多い。
丹那盆地と富士山
丹那断層公園に到着
断層を見学。
まっすぐの水路が1m横ずれ。
わかりやすい
下界に降りてきました。
韮山の江川邸に到着
建物内を見学。天井がすごい
他にも建物がたくさん
韮山城の近くのため池
韮山城から南アルプスの山々
韮山城
韮山城から富士
蛭が小島。源頼朝が
平治の乱で流されたところ。
反射炉。世界遺産になってしまった。
立派な施設ができていて驚き。
観光客も多くて驚き。
バスがあったので、
ワープして江川邸に戻る。
そろそろイチゴの季節。
ゴールが見えてきた。
町営の入浴施設。
入浴後に、ざるそば。
伊豆仁田駅まで歩きます。
富士見の一日でした。
川がいいかんじ
伊豆箱根鉄道で帰ります。

本文中の山の名前・花の名前は十分な特定ができず、勘違い、間違いなどがある場合があります。